2010-01-13

惑星パンドラへ

去年の暮れから、私の心を掴んで止まぬものがあります。
それは、映画AVATAR
もともと大好きな俳優さん、サム・ワーシントン主演という事で最初から見る気は満々だったのですが、まさかこんなに映画そのものに虜になってしまうとは思いませんでした。
話の内容は非常にシンプル、むしろ公式の予告さえ見れば90%はわかってしまうほどにお約束な展開。
でも・・・そんなこと全く気にならない、というよりもむしろ物語そのものはシンプルだからこそ引き立っているのかもしれない、圧倒的な世界観と映像技術!
3Dで2回見たのですが、「見るのではない、そこにいるのだ」というフレーズがまさにぴったり。映画を見たというよりも惑星パンドラ旅行に行ってきたかのような臨場感。
完全に映画の世界に飲み込まれてしまって3時間なんてあっという間。エンドロールの流れる頃、素敵な旅行の終わりに日常の見知った光景の中に戻っていくような、あの名残惜しい切なさを感じながら3Dゴーグルをはずし時計を見ると「え、もうそんなに経ったの?」とびっくりしてしまうほどです。
ぜひ映画館で、それもできれば3Dで見ていただきたい作品。
私は既に2回見に行ったというのにもう、というよりも見終わった瞬間から「も、もう一度パンドラへ!!」となってしまって、興行期間が終わるまでこの中毒症状と戦う羽目になりそうです。
でもとりあえず、Imaxでは絶対見ます!何が何でも見ます!
あ、なんかこんなこと書いてるとまるで頻繁に映画館に通っている人みたいですが、そんなことはちっともありません。むしろ「映画?DVD出たら借りればいいじゃん」な人です。
だけどこれは絶対、絶対映画館で見たい!見たけどもっと見たい!むしろもうナヴィになりたい!

・・・というわけで。

最近はin-worldでも人の姿よりもナヴィの姿がデフォルトになりつつあります。
まじまじ見ると、いやまじまじ見なくてもちょっとコワイのですが、この姿が今最もお気に入り。
そして何気に反響もよく、なんだかたくさん声をかけていただけます。
「AVATARのアバターだ!」とか、「私もナヴィしたい!どこでそのスキンを買ったの?」とか、AVATAR話で盛り上がったりとか、AVATARの解釈で熱く語り合ったりとか、見に行った回数を競い合ったりとか・・・wちなみに私が聞いた最高記録は、アメリカの方で9回でした。ただしその方は2Dしか見ていないそうで、引き分けということになっています。(←?)

SkinはDeLaFaeという店のもの。某Rさんが好みそうな、個性的なSkinを販売しています。
一枚2000L$と少し高めのものですが、色んなナヴィの方を拝見していても現状これが一番綺麗なNa'viSkinじゃないかな、と思います。
実際他のナヴィの方から、そのスキンに変えたいので店を教えて欲しいとよく言われます。
ただし眉は無いに等しいので可愛いナヴィになりたい方にはお勧めできないかも。
耳と尻尾、牙と瞳つき。

Shapeは普段使っている自作のシェイプをNa'viっぽく引き伸ばしました。
映画中のNa'vi達も俳優さんたちの顔を継承しているので、そのほうがそれっぽいかなと。
髪もDeLaFaeで販売されているもの。これでフィーラーもついていたら完璧なのに!
また写真ではつけていませんが、Hazard Kittyからも良いものが出ています。こちらはフィーラーもついています。が、デザインはDeLaFaeのほうが好き。
衣装は最初パンツァーガールのお店を探し回っていたのですが、結局B@Rで素敵なものを見つけました。Tiger Tribe Lady。バリエーションが欲しくて他にも探してはいるのですが、この衣装を脱いででも欲しい!となるものにいまだ出会えていません。
弓矢はDM Weaponsというお店。武器関係は全てフォルダごと消失してしまったので泣く泣く再購入です。スクリプト入りで、ビシビシ撃てます。
ついでにイクランも手に入れて、Na'vi語翻訳機も装着すれば完璧です!Oel ngati kameie!


余談ですが、面白いコンテンツがあったのでご紹介。
マクドナルドからおそらく期間限定で公開されている、Na'vi顔製造ゲーム
手持ちの顔写真を登録すると、Na'viの顔に合成してもらえます。
早速私のアバターでも試してみました。

写真+CGではなくCG+CGなのでうまくいくかと思いきや、合成の境界が露骨に出て微妙かも・・・。
実際の顔写真のほうがうまく合成されるようです。
合成は顔部分だけで鼻もそのままなので、ちょっとへんちくりんなNa'viですが、パンドラに住んでみたい方はぜひ。
コメントを投稿