2020-12-20

Monarchsからのクリスマスギフト

追加分掲載
12/25
第五弾、噴水です。

とってもエレガントで豪華な噴水。
噴き出す水の調整やカラーチェンジなどオプションがたくさんあって、組み合わせによっていろんな雰囲気が作れます。
夜もまた雰囲気が変わっていいですよね。




12/23
第四弾の気球が登場しました。

スチームパンクテイストの二人乗りの気球です。
ポーズもいくつか入っており、バルーン部分はテクスチャチェンジも可能です。

個人用のほかにRezzerタイプも同梱していますので、置いておけば皆で楽しめます!
もちろんMonarchsSIMにも設置していますので、Imagicnation空の旅を楽しんでいただけますよ!


せっかくなので没になった写真も・・・明るく楽しい感じに仕上げたら、「もっとダークな感じにできる?」と・・・くぅ、これも結構いいんじゃないかと思ったんだけどなあ。


*****************
今年2020年はMonarchsとしては初めての、クリスマス公演の無い年となりました。
新しいショーを作る時間はもうないけれどMonarchsとして何かクリスマスのもてなしをしたいということで、今年はMonarchsの通知グループMonarchs Kingdomにいらっしゃる方を対象に、特別なクリスマスプレゼントをご用意することにしました!

Twitterでは既にお伝えしているのですが、既にいくつかのギフトをご用意しています。
先ほど設置したギフト第三弾が、クリスマスガゼボ。
クリスマスのデコレーションを施した純白のガゼボです。




ガーランド付きベンチ、クリスマスリースで飾った街灯と雪だるまもついてきます。
Image from Gyazo

ベンチは5種のシングルポーズと8種のカップルポーズ付き。

ガゼボのクリスマスデコレーションは取り外し可能なので、クリスマスシーズンが終わっても活用できますよ。
Monarchsのボス兼ビルダーRoyalの作る建築物の凄さは、Monarchsにいらした方ならきっとお分かりいただけるかと思うのですが(MonarchsのセットやSIMビルドは基本彼が制作しています)、その美しい建築をお持ち帰りいただけるなかなかない機会です。

このガゼボが第三弾で、第一弾はこちらのクリスマスツリー。
とても好評をいただいているこのクリスマスツリーも引き続きプレゼントしています。

また第二弾はこちらのトライク。
クリスマスの雑多なものをぎっしり詰め込んだトライク(三輪車)です。
地上も走るし空も飛ぶ、二人乗りもできるし休憩ポーズもできる、ギアチェンジなどの機能も豊富・・・と、乗り物としてもかなり高性能なトライクとなっています。
(多分結構良い車両スクリプトを積んでるんじゃないかな?わからないけど)
こちらも今もお持ち帰りいただけますので、ぜひ乗り回していただけたらと思います。

これらはグループ対象の配布となっていますので、MonarchsKingdomグループに加入の上、会場においてあるギフトボックスをクリックしてお受け取りください。
まもなくクリスマス当日ですが、Royalは第四弾のギフトもお届けするべく頑張っておりますので、引き続き見守っていただけたら幸いです。

来年の予定ですが、Sci-Fiをテーマにしたショーを計画しています。
いつ頃かはまだ未定ですが、わかり次第このブログでお知らせします。
ディズニーテーマのショーIMAGICNATIONのビルドは、今のところまだそのままになっていますので、ランディングエリアはもちろん地上エリアのセットも含めご自由に散策していただけます。
運転手不在で自動運行モードの客船は剛速球でSIM内を回っていますが、何とか飛び乗っていただければ各セットまでお連れすることができます。

なお、MonarchsSIMはリッピングBOT対策のために、基本支払情報登録のあるアバターのみ入場可能の設定にさせていただいていますが、Royalもしくは私がいるときは解除可能ですし、開放しているときもあります。
もし支払情報はないけれど来場したい方がいらしたら、お声がけいただければ開放しますのでお気軽にどうぞ!

The Monarchs SIM




2020-12-18

[Musa]MusaBase Makeup Set,Eyeshadow Set,Sanctuary Eyes

ここのところすっかりMonarchsの情報をたまに発信するブログと化してしまいましたが、Musaも生きています。でも商品セットアップとインワールドの通知で力尽きて、ここに載せることを思い出すころには既にイベントが終わっていたり・・・
言い訳をしてしまうと私広報が苦手なんです。いや人の広報はむしろ率先してやるくらいなんですが、自分のとなると途端に何を書いたらいいかわからなくなってしまう。
今回もオープンしてから10日以上経過しているのでやっぱりダメダメなんですが、まだ間に合う!ということでお知らせです。

今回はWe Love Role-Playに新商品を3点出品しています。
まず1点目はベースメイクセット。
ファンデーション、ハイライト、コントゥア、ノーズシャドウ、チークが入っています。
今こうしてADを見直しているとこれBeforeとAfter逆じゃない?と自分で突っ込みたくなるんですが合っています。
何をするアイテムかというと、あごから上、顔周りの色調を整えるアイテムです。
最近ついに長年愛用し続けたLeague skinに別れを告げ(また戻るかもですが・・・)新しいスキンを購入したのですが、顔だけ白浮きしているのがすごく気になりまして。
ADくらい顔がアップだと気にならないのですが、引きでみるとかなり目立つのです。
これくらい。言いたい事伝わりますでしょうか…。
これをメッシュヘッドのTintで補正しようとしても首回りも一緒に変わるため修正が効かず、それなら補正アイテムを作ってしまおうと取り掛かったのがこの商品です。
顔の色を整える本来の役割はファンデーションで事足りるのですが、陰影補正用のハイライト、コントゥア、ノーズシャドウ、チークも含まれています。どれも5,10,15,20%の透過度が含まれており、白ベースでTint可能なため、どんな肌色にも合わせられると思います。
チークもメイクとしてのチークというよりも、肌本来の血色を調整する役割で入っています。
顔の白浮きに悩んでいる方はもちろん、スキンの雰囲気を変えることなくほんの少し陰影やニュアンスを加えたい方にお勧めです。
うん、個人的には必須品なのですが文字で説明しようとしてもなかなか伝わるものではないので、まずはDEMOを試していただけたら…!
イベント期間中は30%Offとなっています。

それからアイシャドウセット。
これもBOMに変えた頃に自分用に作り、以来愛用しているものを商品化したものです。
アイホール全体のベース、二重ライン、二重ラインの縦割り内外、下まぶたのシャドウが含まれています。
こちらも白ベースでTint可能、各パーツ4つの透過度を用意しました。
BOMに変えたとき、もっと遡ればシステムレイヤーの時代にタトゥレイヤーが複数適用可能になった時に、やりたいと思っていたことがあったのです。
出来上がったメイクを適用するのではなく、リアルのメイクのように部位別に色や濃さを選んで、服などに合わせて自分でその日のメイクを作りたい。
しかし間もなくアプライヤのメッシュヘッドになって再び着用枚数制限ができてしまったため諦めていましたが、今のBOMでほぼ枚数無制限状態なら実現出来る…!
透過度を組み合わせて濃くも薄くもできますし、重ねる順番によってもニュアンスが変わって面白いです。また、このBOMメイクの上からHDメイクを透かせて乗せるのもいろんなバリエーションができて楽しいですよ。
ベースメイクにしろアイシャドウにしろかなり細かなアイテムですが、市販されているものをそのまま使うより、ちょっとした手を加えてなにかオリジナルの要素を付け足したい方にはきっと面白いアイテムなのではないかと思います。
こちらもイベント期間中30%オフです。

それから今回からWe Love Role-Playはガチャを導入しました。今回が試験的なのか今回からずっとなのかわかりませんが・・・
MusaもSanctuary Eyesという新しい目をご用意しています。
全体的に柔らかいカラーで使いやすい色味を揃えました。ファンタジー仕様なレアの3だけ激しいですが、実際つけてみるとそこまで激しくもなかったりします。
普段Musaは一回L$50ごとに1色の目をご提供していますが、今回は会場の制約があり1回L$75ごとに2色の目となっていますのでご注意ください。
なお、今回初めてガチャのFatPackをご用意しました。Fatですと全色入りの一つのHUDにまとまっていますので、より使い勝手が良いと思います。

それからクリスマスのL$50セールアイテムとして、ガチャには含まれないスペシャルカラーもご用意しています。


We Love RoleーPlayにご来場の際は、Musaのブースにもぜひお立ち寄りくださいませ。

We Love Role-Play

2020-11-10

ついに見つけた…!ガチャ在庫販売システム、GachaXchange!

※11/11 下部に少し追記があります。

ガチャは悪魔の産物。
わかってはいるのですが、ついつい射幸心が刺激されてほとんど無自覚のままガッチャガッチャしてしまい、気が付くと大量の在庫を抱えていた…なんてことが稀に多々・・・いやほぼ毎回あります…。

マケプレに出すにしても、あの販売に至るまでの作業がものすごく苦手!
なぜなのかわからないのですが、あの登録作業が私にはすごく億劫なのです…苦痛に近いレベル。自分のところの商品さえ登録作業ヤダアってなってるくらいなのに、ましてや売り切りのガチャのためなんて…。

なのでどちらかというとin-worldでのヤードセール派なのですが、人の流れがあるところでなければ当然売れないし、維持費もかかる。しかもヤードセール派だと言いながら自分が購入する立場になったときはほぼマケプレに頼りきり。欲しいもの狙ってヤード回って検索して・・・は正直相当熱量注げるアイテムでない限りほとんどやりません。たまたまヤード行ったら、あっこれ欲しかったやつだラッキー、ってなっていることはあるんですけどね。

じゃあやっぱりマケプレに…わかってるけどそのうちそのうち・・・で販売時期も逃せば在庫も貯まる、をずっと繰り返してきました。
そして増え続ける在庫を漫然と眺めながら、ずっと思っていたんです。誰かが・・・例えば二束三文でもいいから在庫をまとめて買い取ってくれて、どこかで一括で販売してくれるブッ〇オフみたいなシステム作ってくれないかなぁと‥。そしたら在庫も整理できるし欲しいもの探しやすいのになぁと。
そしてようやくそれに近いものを見つけました…!

Carlyle Theas Systemsが運営する、GachaXchangeです!

ブックオフのような買い取ってくれるシステムではないのですが、ガチャ販売に特化し販売/購入手続きをものすごく簡単にしたマケプレのようなものです。

時勢に疎いので、ついに見つけたとか言っておいて実はめっちゃメジャーだったとかだったら恥ずかしいのですが、とりあえず私としては在庫整理の救世主的存在になってくれそうなので紹介させてくださいw

利用方法は呆気にとられるくらい簡単です。
まずgachaexchange Residentという専用Botがonlineであることを確認の上、販売したいアイテムをgachaexchange Residentに送信します。
(頻繁に利用する予定であればフレ申請すれば自動承認してくれるそうです)


まずフレ登録を済ませ、今回はSupernaturalの.::Supernatural::. Beatrix Gacha #3を送信しました。
すると返答が返ってきます。
[02:04] gachaxchange Resident: Thank you for sending .::Supernatural::. Beatrix Gacha #3 to Gacha Xchange. I'm processing your item. Please wait...
Done processing! For which price do you want to list your item?
-(アイテム名)を送信してくれてありがとう。登録作業中なのでお待ちください…
終わりました!いくらで販売したいですか?-
お待ちくださいと言われていますが、待てと言われていたことにさえ今これを書いているタイミングで気づいた程度に待ち時間もありません。一瞬です。

[02:05] Filomena Quinnell: 25
価格を聞かれたので、25とだけ答えています。
マケプレの相場からすると半額を切る価格なのですが、セール時に引いたガチャで1回当たりの価格が25だったので、それ以上は設定したくなく…。
なお同じアイテムに複数在庫がある場合安い物から優先的に販売されるそうなので、その辺も踏まえて価格設定をすると良いかもしれません。

[02:06] gachaxchange Resident: Here you can see all your listed items: https://www.carlyletheassolutions.com/gachaxchange/(私のURL)
Thank you! Your item ".::Supernatural::. Beatrix Gacha #3" is now listed.
-これがあなたの登録アイテム一覧です。
ありがとう!アイテムはサイトにリストアップされました-

これだけ!
これは初回のやり取りだったので、値段を聞かれてからマケプレで相場確認したりして2分が経過していますが、要領がわかってしまえば10秒もかかりません。
画像データがサーバーにない場合そのやり取りもあるそうですが、FlickrやGyazo,LightshotのURLで良いそうなのでだいぶ敷居は低いはずです。
今回はデータが既にあったようで何も聞かれずともちゃんと画像付きでリストに載っていました。

一番左上に私の登録したものが載っているのが確認できます。
あのマケプレの登録地獄がたったこれだけ!素晴らしい!楽園はここにあった!
ちなみに販売手数料は2%だそうです。マケプレの手数料が10%と無視できない価格になったことを考えると相当良心的ですよね。

因みに何かの事情で出品を取りやめたいときは、取りやめたいアイテム名をgachaxchange ResidentにIMすれば、そのアイテムが登録されているか確認し、あれば返送してくれます。その際の費用は無料です。

試しにやってみたところ、一瞬で戻ってきました!

では逆に購入をやってみようと思います。
購入作業は出品取りやめ作業とほぼ同じです。
まず一覧から欲しいものをさがし、名前の下にあるBuyボタンをクリックします。

すると右側にポップアップが出てくるので、箱の中身が正しい物か確認します。
大丈夫そうならその下の Click to copyをクリックしてコピーし、gachaxchange ResidentのIM窓にペースト。


[03:49] gachaxchange Resident: I found a gacha item and can offer it for 50 L$. I'm reserving the item for you. If you want to purchase it, please 支払う gachaxchange  in the next 2 minutes. If not, you may enter another gacha name.
You just purchased Belle Epoque { Chlorophyll } Crown Summer from(販売者名) . Please check your item. If it is bogus, you may return it within the next 15 minutes. Enjoy!
-該当のガチャはL$50で販売されていて、今あなたのために取り置き状態になりました。購入したい場合2分以内にgachaxchangeにお支払いください。時間を待たずキャンセルする場合は他のアイテム名を入力してください- 

ーL$50を支払いました

You just purchased Belle Epoque { Chlorophyll } Crown Summer from (販売者名) . Please check your item. If it is bogus, you may return it within the next 15 minutes. Enjoy!
-(販売者名)の販売する(アイテム)への支払いを受け付けました。ご確認ください。
もしもそれが偽物だった場合、15分以内であれば返品を受け付けます-

というわけで購入も、ものの数秒でできてしまいました!
最初の販売登録時に送信されたアイテムを照合し、登録情報と制作者が異なる場合には受け入れないそうなので、おそらくマケプレで買うよりも偽物にあたってしまう率は低いのではないかと思いますが、もし偽物をつかんでしまったとしても15分以内なら返品できるというのはとてもありがたいですね。
返品はただBotにアイテムを返送するだけで良いそうです。ただし未開封の場合に限るそうで、開封前に一度ちゃんと中身を確認した方が良いかもしれませんね。
いずれにせよ売ったら売りっぱなしで売人と直接バトルするしかないインワやマケプレよりも、むしろ却って安心かなという気がしています。
販売者が誰なのかも教えてくれるので、最終的には直接連絡もできますしね。

安い物から売れていくシステムなので、レアなどを高く売って儲けを出したい!という人にはやはりマケプレの方がいいかもしれませんが、私のようにとにかく溢れる在庫を何とかしたい人にはばっちりなシステムだと思います。

不安要素についてもちょっと考えてみたのですが…

まずは知名度ですよね。って言いながらめっちゃメジャーだったら以下略なのですが、検索にかかってくる量を考えると、正直まだそんなに利用者は多くないのかなと感じます。サービス自体始まって時間が経っていないのかもしれませんね。
でも今後きっと盛り上がるサービスだと思っているので、これについてはそんなに心配していません。売れなければ返品してもらえばいいだけですしね。

どちらかというと怖いのは、何かの事情で突然サービスが利用できなくなることでしょうか。ユーザーが運営するシステムなので、何かの事情で突然・・・というのはあり得る話だと思います。
まあでももともと持て余していた在庫をなんとかしたい程度なので、そうなったらそうなったで仕方ないかなあと。
ただ運営しているCarlyle Theas Systemsは、昔書いたWardrobe HUDを作っているメーカーで、この記事は2012年に書いたもので(昔過ぎて恥ずかしい)…そこから考えると少なくとも8年以上こうした外部webサービスを運営し続けているわけですから、十分信用に値するメーカーなのではないかなと私は思います。

そんなわけで、さっそく余らせまくっている在庫を登録してこようと思います!
過剰在庫の扱いに困っている方はぜひ!


ちょっと追記です。
何度か、ん?となる展開があったので載せておきます。

[2020/11/10 12:09] gachaxchange Resident: Thanks for sending a packet! Unfortunately, it didn't look like a Gacha item. I'm returning it to you.
ガチャアイテムじゃ無さげなので返送するよー、と返送されたパターン。
もちろん送ったのは紛れもなく購入そのままのガチャ箱です。
同じガチャの#2,#3は正常に受け入れられていて#5を送った時にこのメッセージが来たので違いを見比べてみると、ガチャの箱が#2,#3はno modで#5はmod okでした。
そんなことでまさかとおもいつつ、#5の箱をこちらでno modに設定して送りなおしたところ受け入れられたので、ちゃんとしたものを送ったのにこの反応が来たら、一度パーミッション確認してみるといいかもしれません。
なんでno modじゃないとガチャ扱いされないんだーいって思うけど、詐欺対策を考えるとガチャ箱はno modの方がいいのかも。
とりあえず自分でno modにすればこれは解決します。

[23:53] gachaxchange Resident:Thanks for sending a packet! The creator of the object doesn't seem to be from a known brand. I therefore won't list it as a Gacha item. I'm returning it to you.
オブジェクトの製作者が、把握しているブランドの製作者とは異なるので受け入れないよと返送されたパターン。
でも制作者確認したところちゃんとそのブランドのクリエイターさんだったので、複数オーナーで把握漏れとかなのかなあ。今のところサポートが「メールに連絡して」だけなので、もっと気軽にこういうのを報告できる窓口ができるといいですね。
これがあるから、一度開けたけど自分で自作箱に詰めなおしました、は無理でしょうね。

[2020/11/10 09:39] gachaxchange Resident: Oops, it looks like the URL you entered doesn't point to an image. Can I ask you to please try again or type a dash ("-") if you want to skip this step.
登録されている画像がないということでURLを要求され、GyazoURLを知らせたところ、ガチャ画像に見えないと言われてしまったパターン。(面倒なら-とだけ打って返せば省略はできます。画像無しになりますが)
同じ画像を何度かgyazoって試したら通ったので、画像の内容というよりも比率を見ているのかもしれません。できるだけ正方形に近い方が通りやすいかも。
ガチャ画像に見えないと言われても懲りずに何度か試してみましょう。

それから…
もしgachaxchange Residentがオフラインの時に送ったらどうなるんだろう?と一度オフラインのタイミングを見計らって一つ送信してみたのですが、復帰後も何事もなかったように無反応でした。というわけでオンラインであることはちゃんと毎回確認した方がいいですね。






2020-10-19

[The Monarchs]新作公演 Imagicnation

The Monarchsの新作公演、Imagicnationのお知らせです。
以前IMAGINE3と仮名してお知らせしていた、ディズニーテーマのショーです!

※追加公演が決まりました!※
11/8(日)午前6時と午前11時 の2公演が追加となりました。

まず日程ですが、今週末から始まります。
日本時間ですと、
10月24日(土)午後1時
10月25日(日)午前5時
10月25日(日)午前9時
10月26日(月)午前5時

11月1日(日)午前3時
11月2日(月)午前4時
11月2日(月)午前8時
※ちょうど夏時間と冬時間の切り替え日だったため、事前にご案内していた時間よりも1時間遅くなっています。申し訳ありません

SLTですと
Friday, October 23rd at 9pm SLT
Saturday, October 24th at 1pm SLT
Saturday, October 24th at 5pm SLT
Sunday, October 25th at 1pm SLT

Saturday, October 31st at 11am SLT
Sunday, November 1st at 11am SLT
Sunday, November 1st at 3pm SLT
全7公演を予定しております。
もうほとんど朝時間の公演ですね…w

今回もプログラム製作を担当しているDiiarが不在のため、おそらく今回もプログラムはご用意できないと思われますので、こちらで事前にラインナップをお知らせします。
Set1 不思議の国のアリス - Royal
Set2 シンデレラ - Lina
Set3 おしゃれキャット - Babypea
Set4 アナと雪の女王 - Filomena
Set5 美女と野獣 - Falbala
Set6 モアナと伝説の海 - Babypea
Set7 パイレーツオブカリビアン - Royal

毎度のお知らせになりますが、開演1時間前を目安に早目のご来場をお勧めします。
30分前でも十分間に合うこともあるのですが…安全なのはやはり1時間前です。
入って座席についたら開演時間まで放置は全然大丈夫なので、おはやめに!

今回の座席はこの動画の最後に登場する、トイストーリーの船になります。
またランディングポイントも気合の入った出来になっておりますので、いらした際はぜひランディングポイントも散策していただけたらと思います。
(動画で撮影されているものは、城を除いてすべてランディングポイントです)

またお越しの際はショーをご覧の際の推奨設定とお願いをご覧いただき、調整していただけるようお願いします。
当日現場ではホステスによる英語でのご案内が流れていますが、内容はほぼ同じです。

現場では先ほど一度目のリハーサルが終わったばかりで、これから残りの作業に向けて追い込みです…!ああでもその前に週末セールにも行きたい…まだ行けてない…あっErraticのセールも…
楽しんでいただけるショーになるようメンバー一同頑張りますので、ぜひお友達もお誘いあわせの上お越しくださいませ!

The Monarchs





2020-08-01

[The Monarchs] Worlds of Wonders 動画と今後

Worlds of Wondersの全公演が無事終了しました。
追加公演も含め全8回の長丁場でしたが、全日満員御礼となりありがたい限りです。
相変わらずアジア/オセアニア圏には難しい時間帯が多いのですが、それでも日本からのお客様も頻繁に見かけてうれしくなります。ありがとうございます。
Image from Gyazo

さて、動画が上がってきているのでご紹介します。
今回は特に画面外に行きがちな仕掛けがいくつかあったりしているので、実際に公演を見てくださった方も動画で新たな発見があるかもしれません。

こちらはAndyが撮影してくれた動画。
引きと寄りをうまく使い分けて、全体の雰囲気もダンスもちゃんとわかるようにしてくれています。
ショー全体の流れを見てみたい方にとてもおすすめです。

それからSL4Live-TVの動画。
カメラマンのPetinaは、私の記憶ではおそらく全日参加してくれています!
その膨大な撮影データを編集してまとめてくれているので、様々な視点が加わっていて私たちから見ても新鮮な視点が多く、何度も見に来てくださった方も新たな発見ができる動画に仕上がっています。

もうひとつ、Camcamさんの撮影してくれたダイジェスト版
ダイジェスト版ということで短い動画にはなるのですが、でも確か初回公演後すぐ公開してくれたのかな?早い段階で動画が見れてとても嬉しかったです。
この初回公演はちょっとトラブルがあって、全8公演の中で唯一、本来客席でのんびりする予定だったDiiarがひっそりダンサー参加している回でもありますw

さて、今後の予定ですが…
早々にWorlds of Wondersのセットを取り壊し、次のショーへの準備を進めていきます。
次のショーのテーマはディズニーです!
実はMonarchsは過去に二度ディズニーテーマの公演をしています。
一度目は2015年7月に公開された"IMAGINE!"(右上のアイコンで再生リストに飛びます)
この時はまだThe Monarchsは誕生しておらず、Elysium Cabaret,ExtravaDanza,The Night Theaterという3つのチームの合同作品という形でした。Royal曰く、この時既にMonarchsの構想はあり、実際にどこまでできそうか模索している期間だったのだそうです。
今見ると、Monarchsの気配もありつつ、なるほどまだ別のチームという雰囲気ですね。
この時選抜されたメンバーが後のMonarchsの結成メンバーとなっています。

二度目は2016年10月公開の"IMAGINE TOO!"
The Monarchs結成後3つ目のショー。
基本的にはIMAGINEを踏襲し、被らないテーマを選び…そもそもジュラシックパークはディズニーなのかとか疑問はあるのですが…IMAGINEに比べてちょっとダークな大人仕様のショーに仕上がりました。

で、今度が三度目…
IMAGINE THREEというわけではなく一度頭を白紙に戻して、IMAGINEでやった王道の作品を中心に、Monarchsとしての新たなディズニーテーマをやろうとしています。
きっと楽しんでいただけるショーになるよう、頑張ります。
多分9月の終わりごろになるのかな。

それからその後は2017年秋に公開したハロウィンショー、Tenebris Noctisの再公演を行います。
この頃はまだカメラ移動によるシンクロのずれの対策ができていない時期で、動画だとずれずれのシーンもあって申し訳なのですが…2020年版はそれも解決しているはずです!
Monarchsとして参加させてもらって早4年、多くの作品を作ってきましたが、その中でもTenebris Noctisは今も内外からの評価が非常に高い作品のひとつ。私もぜひまたやりたいと思っていた作品です。
ハロウィンにぴったりな作品ですので、こちらもぜひお楽しみに!