2015-03-19

ペンタブ購入

Credit:
Headdress&Necklace:Enfant Terrible-Daliahs Jewelry Gold
Corset:The Plastik-Vykris Corset Mahogany
Hair:Moon-Sugar Hiccup
Makeup:Musa-Lisa(soon)


ずっと気になってはいたけれど手を出すのに躊躇していたアイテム、ペンタブレットをついに購入してしまいました!あったら便利だろうけど別にお絵かきする趣味もないし、SLのためだけに買うのもなぁ、と思っていたのですが・・・いやぁ世界が変わりますね。もうメイク描くのが楽しくてしょうがない・・・!線一本引くのにも苦労していたマウスカチカチ時代にはもう戻れない!



2015-03-12

Afterglow

Credit:
Dress:R2 fashion-A/D/E anzu silver (collabor88)
Hair:Tableau Vivant-Sherilyn[Frizzy chic]-Naturals I (collabor88)
Necklace:Cae- Sinuous Collection (fameshed)

今月のWe Love Role-Playは心なしか空くのが早い気がする・・・と思っているのですが、なんだかCollabor88もついでにThe Arcadeも、今月は全体的に引きが早くなっているような・・・?
うーん、気のせいか、それとも何か私が見逃している熱いイベントが他にあるのか・・・




*******
Arcadeアイテムがじわじわ増えてます・・・。

Filomena's Gacha YardSale
http://maps.secondlife.com/secondlife/G%20Field/66/77/39

2015-03-10

Nightmare of a spider

MeshBodyの記事を書いて一息ついたばかりなのに、もうSLINKのアップデートが来ていました。
バージョンはv2.3、ストッキングのつなぎ目やスクリプトの削除などの機能面でのアップデートのほか、造形としては股下の微調整が来ています。v2.2よりもほんの少し股下の位置が上に上がっただけなので特に単独記事にはしませんが、前回股下改善に喜んでいた矢先、あれ?という感じです。といってもv1.4のようなスカスカではなく本当にわずかな違いでして、SLINKとしてはStandard Sizing基準のMesh服が着れるようにする為のアップデートだとの話なので、きっと調査の結果v2.3の位置のほうがしっくり来るものが多いのでしょう。私としては一応v2.2も手元に残しておいて、服に合わせて使い分けていこうと思います。例のHUDに両方登録しておきました。
(実際普段比較に使っているZaaraの青いビキニですと、v2.2のほうがしっくりきます)
それにしても、この股下問題。SLINKが着手してくれて本当にうれしいです。
Phatazz/Cuteazzが出た頃からずっとMeshBodyと服の間に生じる隙間が気になっていて、これではみっともなくて外出歩けない・・・早く改善されないかなと思っていたのです。でも改善どころか登場するMeshbodyが軒並み隙間スカスカなので、なぜカスタマーから声が挙がらないのだろう、むしろもうこれはどうしようもないものなのかと半分諦めていました。
このSLINKの対応を見て他のMeshBodyも改善されるといいな。逆にSLINKは他のメーカーのHUD参考にして使いやすくなるといいな。
そういえばMeshbodyの価格、少しずつ変わってきていません?Belleza/Maitreyaは初期価格もっと安かったような気がするし、SLINKはもっと高かったような気がするの…。

さて、今回はWe Love Role-Playのアイテムをがっつりご紹介していきます。
まず、ドレスはLes Encantades & FoscaのGriselda Bloody Onyx。クラシックな赤黒のドレス・・・だったのですが、画質をあげたらご覧のとおりMaterialで照りってりに。画質レベルによって大分印象が変わります。でもこれはこれで面白い効果。
杖は私の店、MusaのStaff Poseから持って来ています。おかげさまで多くの方にお買い上げいただけているようで、感謝しきりです。

髪はAyashiのTaurus Hair。角と頭飾りの付いたボブヘアーです。角・頭飾りは非表示にも出来、頭飾りはカラーチェンジも可能です。非表示にして普通にボブとしてつけても可愛らしい髪だと思います。

ヘッドアクセ、ネックレス、腕輪はEmpyrean ForgeのAreneae's Embraceシリーズ。
蜘蛛が宝石を糸で絡めとっているデザインで、特にネックレスの蜘蛛などはお尻から伸びた細い細い糸が宝石にしっかり絡み付いています。
石は6色にカラーチェンジが可能です。

Credit:
Gown:Les Encantades & Fosca-Griselda Bloody Onyx(We Love Role-Play)
Hair:Ayashi-Taurus Hair(We Love Role-Play)
Jewelry:Empyrean Forge-Areneae's Embrace(We Love Role-Play)
Staff:Musa-Staff pose01-06(We Love Role-Play)
Makeup:Eyes:The Plastik-Fauxe Makeup Rosace
           Lips:Glamorize-Nibble Lips-Vibrant & Vampy Pack-Red Wine
Eyes:IKON-Deadshine Eyes - Quicksilver (Demonic)



Arcadeアイテムがじわじわ増えてます・・・。

Filomena's Gacha YardSale
http://maps.secondlife.com/secondlife/G%20Field/66/77/39



2015-03-08

Spring will come

 Evie's ClosetにてMystery Huntが行われています。
SIM内にある10個のオブジェクトを探す・・・よくあるハントですが、無料ではありません。ひとつのオブジェクトにつきL$99費用がかかります。その代わり、入っているものは普段店頭で販売されている商品。
何が入っているかわからない、もしかしたら手持ちのアイテムと被る可能性もある・・・けれど、Evie's Closetの通常価格を考えると、もし持っていないものが入ってたら凄くお得!
日本の方にはHuntというよりお楽しみ袋といったほうがしっくり来るかもしれませんね。実際探すオブジェクトもだいぶ大きくてHuntとしての要素は薄いです。
また、ひとつのオブジェクトに付きL$50分のストアクレジットが付いてきます。L$99=衣装ひとつ+L$50ストアクレジット、ですね。なのでEvie'sを普段利用する方なら、実質ひとつL$49の費用で衣装が買える算段になります。・・・多少手持ちと被っちゃってもいいかな!と思ってしまいますw
因みにEvie's Closetは散々買っている私ですが、幸運にも丸被りしたものはひとつもありませんでした。景品もここ数年でリリースされたもので、Mesh以前のような古いものはありませんでした。
Huntの性質上、オブジェクトのナンバーは差し控えますが、着用している衣装は景品のひとつ、Iseult gownの紫です。

ジュエリーセットはCaeの新作、Regal Collection。Fit for a Princessで販売されているアイテムで、私のツボなクラシック路線のジュエリーです。
Caeではメインショップにて6日、7日(SLT)限定でストアカードが半額セールをやっているので、そちらでカードを購入してから買うととてもお得ですね!

髪はTableau VivantのClio、こちらはWe Love Role-Playに出ているアイテムです。トップをかなり膨らませてあるデザインなので、ティアラや頭飾りにぴったりですね。

舞い散る桜はAlchemistのHanabiraSeries、Origamiイベントに出ているアイテムです。Simple color(単色)とMix Colorがあり、Mixも綺麗なのだけどSimpleも良い色がたくさん入っていて、甲乙付けがたいです。また会場にはチャットアニメーションのガチャもあり、そちらもとても綺麗でした。普段チャットアニメーションは使わないのですが、導入しようか迷うところ・・・。

Credit:
Gown:Evie's Closet-Iseult gown Purple (Mystery Hunt prize)
Jewelry:Cae-Regal collection(Fit for a princess)
Hair:Tableau Vivant-Clio(We Love Role-Play)
Flowerpetal Particle:HanabiraSeries mix color(Origami)
Bouquet:Paper Couture-Powdered Wig Butterflies & Bouquet



Filomena's Gacha YardSale
http://maps.secondlife.com/secondlife/G%20Field/66/77/39



2015-03-06

メッシュボディ比較第3弾

全然気づいていなかったのですが、今年の2月にSLINKのPhysique Mesh Bodyがアップデートされていたようです。
去年のクリスマス頃にアップデート予告をStrawberryさんの記事で見てはいたのですが、主力をMaitreyaに変えていたこともあってすっかり忘れてしまっていました。
それまで持っていたのがバージョン1.4で、今回新しく受け取ったのはバージョン2.2。自動配布ではなくRedeliveryから各自取得する必要がありますので、もしまだ更新されていない方はぜひ。

アップデートだけなのでそんなに違わないだろうと思いきや、SLINKからMaitreyaに主力を移行した私が、またSLINKに戻そうかな!と思ったほどにSLINKの反撃が始まっていました。

ちなみに今回の記事はタイトルのとおりメッシュボディ関係の記事としては3回目になります。
比較対象や私自身の考えなども変化しておりますので、第1回第2回もあわせてお読みいただけたら幸いです。(TMP,Bellezaその他については手元にないため比較の対象にしていません)

さて、何が変わったのか。
まずは造形に変化がありました。その比較がこちら。

一番左が今まで比較に使っていた旧バージョンのSLINKv1.4、中央が現行のSLINKv2.2、右がMaitreyaの現行v2.1です。 ・・・って、これじゃ全然差がわからないっ!
例によって重ねて比べてみます。
まずSLINKの新旧比較。
アップデートはHUD回りだけかと思いきや、造形もかなり変わっています!
ちょっと不自然に詰まり気味だった肩の付け根が自然になり、ほっそりした印象だった脚が筋肉を感じさせる肉付きになりました。 ウエストの重心も少し下がりより女性的なラインになりました。
水着に隠れてお見せできず申し訳ないのですが、胸もだいぶ変わっています。
ややサイドに流れ気味だった胸が綺麗に中央によりました。谷間部分にはほとんど変化はないのですが、脇側だけ軽く押し上げた感じです。バストトップの位置もやや中央に寄りました。
全体的に、スレンダーでやや骨ばった印象のあった身体が、筋肉と脂肪が程よく乗って自然体になった印象です。

そして何よりうれしいのが、以前の記事で不満をこぼしていたClassicShapeとの位置のずれによる首周りと股下の隙間が改善されたこと!これで隙間を気にせず水着等を着ることができます!
これ個人的に凄く大事!

※すみません、シェイプが同一でない可能性があったため、この画像のみ公開時と画像を差し替えています。
続いて、SLINKv2.2とMaitreyav2.1の比較です。
スレンダーなSLINK,ふっくらしたMaitreya・・・だったのが、SLINKが自然になったことで優劣つけがたくなってきました。
リアル系ナチュラルを目指したSLINK、理想的な曲線を目指したMaitreyaといったところでしょうか。
でもやっぱりSLINKが股下問題を解決してくれたのはすっごく大きい!肩のラインの改善も手伝って、SLINK MeshBodyの出番が一気に増える予感です。

HUDの比較。相変わらずMaitreya大きいw
SLINKはカットがだいぶ細かくなりました!88箇所に分かれているそうです。
以前のHUDに比べて項目がかなり増え、こまかー!!と叫びたくなりますが、カットの線だけ見比べると、実はそこまでMaitreyaと大きな差はないのかもしれない。
特徴はSLINKはお尻のカットがかなり細かくて、Maitreyaは胸のカットが細かいところでしょうか。
胸周りは調節の頻度も高いし、正直Maitreyaでももっと細かくして欲しいと思っているくらいなので、ここはもっとがんばって欲しかったな。
あとはどちらにもいえることなんだけど、輪切りもだけどもっと縦割りを考えて欲しい・・・。
私がアシンメトリーなものや変形的な衣装を着すぎなのかもしれないのですが、ウエストから大きくスリットの入ったドレスを着るときなど、縦割り、左右分割がないと本当に困るのです。
SLINKのほうはHUDの中にSkinカラーのチェンジ機能が加わりました・・・が、この付属のSkinのまま使っている人がそんなにいるとは思えないんだよなぁ・・・。
alphaのセーブ機能は一定の衣装を着る人には便利かもしれませんね。

だいぶ熱くなってきたMeshbody市場、それぞれの特徴や目指す方向が見えてきたりしてますます面白くなってきましたね。
自分の使っているSkinや欲しい服が対応しているかどうかも大事ですし、絶対ここのMeshBodyっ!と一本に絞るのもいいけれど、対応Applierやそれぞれの体のライン、Alphaの具合によってその時々で切り替えていくのも面白いのかな、と思い始めました。お金はかかるけど・・・w

最後に、ちょっと手を入れる必要はあるのですが、Mesh body生活にあたり個人的にとても便利しているHUDをご紹介しておこうと思います。
使うのはMW Gadget and Toolsというお店の[MW]Slink Feet Changer 1.21
こちらSLINKの3種類の足+αをボタンひとつで切り替えられる、とても重宝しているHUDのひとつなのですが、これをMeshBody用に変え、Classic Shape,Maitreya Meshbody,SLINK Meshbodyをそれぞれ切り替えられるようにしています。
登録した部分だけを入れ替えられるので着衣その他をはずしてしまうこともなく、Meshbody関連のものだけを入れ替えることが出来ます。
Bodyを装着して、対応HUDとAlphaを装着して、Shapeも変えて、オプション関係のHUDもつけて・・・の手間をボタンひとつで対応できるようになり、MeshBodyのストレスがものすごく減りました。

手を入れるといってもとても簡単です。
まずこちら、RLVを利用したHUDですので、ビューワーのRLV機能をonにします。
続いてRLVフォルダの中に専用フォルダを作り、名前をつけます。私は*Meshbodyで登録しています。
更にその中にClassic,各MeshBody用のフォルダを作り、各Bodyで入れ替え装着したいもののリンクを入れます。
私の例ですとこんな感じです。
Body本体、シェイプ、Alpha(私の場合は耳をカバーするAlphaも)、Body用HUD、胸の谷間調整のためにSkinのApplierを入れています。
SLINK feet changer HUDをバックアップコピーをとった後装着し、**feetと入っている説明欄を先ほどのフォルダ名で書き換えます。(私の場合**Meshbodyです)
これでHUDのスクリプトを読み込み直せば完了です!楽しいMesh Body Lifeを!
ちなみにこのHUDのHandバージョンもあるのですが、そちらもとても便利ですよ。