2010-08-01

去り行くもの

ArmidiのFinalSaleに始まり、なぜだかここ数日で懐かしいお店の閉店Noticeが次々と届きます。
多分Armidiのお知らせを見て、閉店関連のNoticeに敏感になっているからそう感じるのかな、とも思っているのですが。人も物も入れ替わりの激しいSecondLifeでは仕方のないことですし、その代わりにどんどん新しいものが増えていっているのもわかっているのですが、それでも初期の頃にお世話になっていた懐かしいお店や場所がなくなってしまうのは、なんとも寂しいものです。
(・・・とかいってArmidiははっきりClosing宣言はしていないんですよね。ただ更新も大分前に止まっていて、今回FinalSaleなので…やはり閉店と考えるのが妥当なのでしょうか。もしかしたら以前のクリエイターさんと作った今までの商品を販売終了して、新生Armidiとして再出発する気なのかも?)

そんな中で、特に寂しい・・・と感じているのがThe body politik。
私と同じくらいの生まれくらいの方でしたら中国の山岳地域のような、粉雪の舞い降るその店に一度はいったことがあるのではないでしょうか。
細かなディテールとリーズナブルな値段で有名なHairShop、KinがあるSIMとしての認識も高いかもしれませんね。

現在閉店セールを行っていますが、長らく更新をしていないお店なので、今見ると商品はちょっとWindlight以前の空気を感じます。ですが、このお店にはファンタジー属性の方にぜひお勧めしたい、隠れた名品があるんです。
それが、こちらのエルフ耳。

Credit
Elf ears:The body politik-Elf Ears
  Circlet:Elvenbreath-Headjewel Silverspirit
  Hair:69-Ride
Skin:Laqroki-Tasha2-milky
  Makeup:Musa-AnotherMe Cosmic


当時私がとても気に入って使っていたエルフ耳です。
今となってはもっと綺麗なエルフ耳もたくさん発売されていますが・・・このエルフ耳の最大の特徴は、アクセサリを追加できること。
別売りされているアクセサリを耳にインストールすることで、エルフ耳をつけながらさまざまなアクセサリを楽しめます。
エルフ耳にアクセがついた商品は色々と発売されていますが、このようにインストールして楽しめるタイプは私が知る限りは数えるほどしかありません。
しかもそれをひとつの耳に12種類までインストールできるんです。(といっても実際発売されたのは9種類で終わってしまいましたが)
耳を変えずしてダイアログで気軽にパターンを変更できるので凄く便利。show/hideで見せたいものだけ表示できますし、更にそれぞれの地金や宝石の色も変更できるので、バリエーションはもう無限ですね。
9種それぞれ単品で購入できるほか、3種類入りのセットも販売されています。
全てつけると・・・こうなりますw

重すぎて垂れ耳エルフになりそうです・・・w
こちらはそれぞれのセット販売をつけたもの。

[Erulisse Complete Set]

[Elen Ithil Complete]
星のアクセサリは左耳についたときは月のアクセサリになります。

[Aglar Complete]
 
なお、エルフ耳の色も28色チェンジできます。・・・が、LaQのMilkyカラーで一番白い耳がぴったりなくらいカラーバリエーションは黒め、色白スキンの方には少し厳しいかもしれません。一応白耳も用意されているのでそれに色をつければ対応できますが、ライトとの共生が難しいですね。
逆にDrowになるときには応用が利きそうです。
私もそうだったのですが、初期に販売されていた同型の耳ですとアクセサリ未対応のようです。
現在は半額になっているので、今だと耳と全てのアクセ を購入しても400L$で済みます。

The body Politik
http://maps.secondlife.com/secondlife//139/117/45



*****
Musa Makeup Salon-Makeup tattoo shop for viewer2.0
http://maps.secondlife.com/secondlife/Montlaur/231/24/53
コメントを投稿