2015-09-13

UNIA- Madpea horror game

前回の記事でMadpeaのThe Collectionについて書きましたが、その際にちらほらと目に入っていて気になっていたものがありました。
UNIA。どうやらMadpeaの常設型ホラーアクションゲームのようです。
怖いものは苦手なのですが、サイトを読んでみると「ヴァーチャルワールドで出来ることの限界に挑戦した」とか書いてあって、あのMadpeaがそこまでいうならきっと相当気合の入ったものだろう、と参加してみることにしました。
会場はこちら。Madpea Baseで行われるイベントは久しぶりな気がします。
SIMに飛んでみると最初の地点で既に気合が感じられ、これはMaepea Carnevalの再来か!?と期待が高まります・・・!

いきなり出鼻をくじくようですが、こちらのゲームも有料です。しかも結構いいお値段です。
ブロンズがL$400,シルバーがL$750,ゴールドに至ってはL$1000。
違いは武器、シールド、あと衣装。ゴールド、シルバーですとゲーム内に設置された専用箱からより強力な武器とシールド(消耗品)を手に入れることが出来るのですが・・・。大は小を兼ねるでゴールドを選びましたが、うーん。
The Collectionの場合はストーリーそのものが変わるのでゴールドがお勧めでしたが、現段階での個人的な感想では、UNIAはブロンズでいいんじゃ・・・と思っています。というのは現段階での戦闘シーンはあまりなく、ほとんどが謎解き要素で、選んだHUDによってストーリーが変化するものでもないからです。ただ今後話が進んだときに、ゴールドにして置いてよかった!と思うシーンが出てくるかもしれませんし、差分アップデートは出来ないので心配な方はゴールド、シルバーを選んでおくのもいいと思います。
ただ有料なことで逆に安堵した部分もあります。Madpea CarnevalはSL史(?)に残る素晴らしい出来でしたし、それこそ当時の限界に挑戦したようなSIMでしたが、チップ以外に来場者がお金を使うようなシステムがほとんどなく、ブームが過ぎたらもう維持する必要がなくなってしまったのではないかと思います。でもこうして有料になってしまえばおいそれと無くすわけにもいかないし、長く維持してくれるのではないかと思っています。

さて、HUDを装着するとスタートです。
物語は事故から始まります。
友人の結婚式に出席し帰路についていたプレイヤーですが、突然運転していた車がパンクしてしまいます。制御不能になった車は脇道に突っ込み大破。幸い大きな怪我はなかったものの、車はとても動きそうにありません。
辺りを見回すと、見知らぬ町にいることに気づきます。道路標識によると、Molimoという町。
埃っぽい町は不気味に静まり返っていますが、助けを求めるためプレイヤーは町に向かいます・・・。

というわけでスタート地点はここ、Molimoの町です。
(ここでおよそ30分間、情報を求めてさまよう必要があります)

道路には鋭いスパイクが。パンクは事故ではなく、誰かが意図したもののようです。
スタート地点に大量にある車の残骸たちももしかしたら同じ運命を辿ったのかも?

少ないですが住民もいます。
ここのダイナーの名物は口の中でとろけるようなチェリーパイだそう。食べたい!
話を聞いてみると、ここのところこの街では行方不明事件が頻発しているそうです。

町には至る所に尋ね人の張り紙が。

・・・と、突然暗転(約30分経過、もしいくら待っても発生しないようならHUDを一度はずして装着しなおし、HUDのホームボタンで戻ってまたしばらく待ってみてください。逆に最初の段階で一度この作業をしてしまったほうが確実かも)。
気づくと小さな部屋に閉じ込められています。どうやら私も行方不明の仲間入りをしてしまったようです。いつのまにか囚人服のようなつなぎを着せられています。辺りを見回すと窓もない小部屋に積み上げられた藁と、同じような服を着て倒れている男性。頭は藁の中に突っ込んでいてわかりませんが、確認しなくても彼が死んでいるのは明らかです・・・

小部屋から何とか脱出すると、外に広がっていたのは広大な農場。
でもMilimoの町に農場なんてなかったはず・・・。

農場といいましたが明らかに様子がおかしく、家畜もこんな状態です。

上空にはドローンが飛び回り、プレイヤー達を監視しているかのよう。
ってどうやら実際監視ツールのようで、立ち尽くしていると頭上に飛んできて赤い光線を放ちます(多分そのまま光の中にいると死亡)おそらく放置対策ではないかと思います。死にませんでした!

農場にも様々な謎や仕掛けが。
私がやっちゃったみたいな絵面になってますが、違いますよ!


農場を探索していると、時折こんなものに出会います。
アストラル体?プロジェクター?とにかくこれに近づくと

また全然違う場所に飛ばされます。
まるで病院の廊下を思わせる真っ白で閉塞感のある無機質な通路。

ドアを開けると先ほどの霊体のようなものが部屋の中に入るように誘ってきます。
この霊体(?)、どうやらあの張り紙に書かれていた人物の一人のようです・・・。

部屋の中に入るとまた違う場所へ。
行方不明者たちの見ている悪夢の世界なのでしょうか、不気味な世界がそれぞれのドアの先に広がっています。





なにを訳したらこうなったんだろう・・・w

それぞれの謎がかなり難しく、まだほとんど解けていません。
ゲームの規模もかなりのもので、数時間遊んでクリアできるような代物ではなさそうです。
なのでしばらく遊んでいられそう!不気味で気持ち悪い世界観なので、常にびくつきながらですがw
内容もさることながら、個人的に凄いなと思ったのがアニメーション。全てこのゲーム専用にモーションキャプチャで用意されたもののようです。それこそはしご1つ上るのもSLとは思えないほど凄くリアルで、それがこのゲームの生々しさに大いに貢献している気がします。(多分Abranimationsの仕事だと思う)

不気味だし怖いしグロいのですが、やっぱりMadpeaが限界に挑戦したというだけあって凄くいい出来です。
SLで新しいことをやってみたい方、ゲーム好きな方はやってみてはいかがでしょうか?
私もまだクリアには程遠いのでしばらくうろついていると思います。
もし攻略できたら、ヒントを教えてください・・・w

UNIA
 http://maps.secondlife.com/secondlife/MadPea%20Base/212/111/22



 ***************

Filomena's Yard Sale
コメントを投稿