2008-11-03

ゴシックの誘惑

最近ファンタジーも好きだけどゴシックも大好きだ!という事に気づきました。
ゴシックというかダークファンタジーなのかな?まあ、ヴィクトリアンに手を出し始めた頃から次に向かうのはそっちかな、という気はしていましたが・・・wゴシックメタルやシンフォニックメタル大好きだしね。

さて、今日はEvie'sClosetのグループチャットが賑わっていました。
理由はこちら、新作Museの数量限定色の発売です。
当初50着限定だったのですが、大幅な追加が出た模様です。第一弾で慌てて買った立場としてはちょっと複雑な心境w
通常のMuseはパステルトーンで清楚な雰囲気たっぷり。事前の通知が来た時点で「絶対買う!」と息巻いていたのですが、こちらの限定色は赤+黒のEvie'sには珍しいゴシックな雰囲気。
着てみて初めてわかったのですが、赤ベースのスカートの上に黒のスカートが重ねてあるつくりで(というほど単純でもなく、赤には黒の、黒には赤のニュアンスがしっかり織り込まれています)動くと黒が割れて真紅が顔を出す、いう魅惑的なドレスなんです。静止よりも動いているところを見て欲しい。
これほど素敵ならば、通常商品も期待大ですね・・・!


髪はMaitreyaのEva2。リメイク前のものを愛用していたのですが、初めてのスカルプヘアだったので、こんな髪型も出来るのか!と驚いた記憶があります。リメイク後のもより自然になって良いですね。願わくば以前のSilver/Ironカラーを復活させてくれないかな・・・。
翼はIllusionsのAngel Wings。ぺらぺらのテクスチャではなく、ちゃんとプリムで出来た翼が欲しいと探し回って見つけた羽根です。羽ばたいてはくれませんが、そんなことは気にならないほどの素晴らしい出来です。色別に大きさと、開いた状態と閉じた状態のものが同梱されています。
チョーカーはP/aの0-AFFORDANCE。ここのアクセサリはほんとかっこいいですよね。新作が出るたびにすっ飛んでいっていますw
そして、いつもと顔が違うことに気づいて下さった方はいらっしゃるでしょうか、今回はいつものAdam n EveのVenusではなく、CelestialStudioのVogueスキンをつけています。実はAdam n Eveのスキンにマンネリを感じ始めていた頃、CSのVogueに乗り換えようかかなり検討していまして。ファンタジーな格好にはあわせにくいこととなにより乗り換えの資金を考えてやめたのですが、なんと11月からCSのセールが始まって、100L$から入手できるのです・・・!なんてこった。
というわけで午前中にAdam n Eveのスキンをしこたま買い込んだはずなのに、今度はCSのスキンもたっぷりと買ってしまいました。ちょっと頑張って、衣装に合わせてスキンやメイクも変えてみよう。

さて冒頭のEvie'sの限定色ですが、通常品が500L$なのに比べて限定は750L$と少し高くなっています。むう、と唸りつつも買ってしまったのですが、買ってから理由がわかりました。新作・Museはドレスのほかに別売りでランジェリーも出ています。で、限定のほうはドレスの中にランジェリーのセットも入っているのです。
そういえばEvie'sでランジェリーって初めてじゃないかな。
ランジェリーといっても露出も少なくラインもきわどくなく、比較的使いやすいのではないでしょうか。
こちらで着用している髪は衝撃的な価格とデザインのSky Everett Designs、Quiet seduction。この髪以前どこかの店の看板で見かけてずっと探していたのですが、Sky Everettだったとは・・・。



コメントを投稿