2010-03-17

Musa Makeup Salon オープン

本当はもっとのんびり準備してから、と思っていたのですが。
モールをお借りできる事になり、その場の勢いでやってしまいましたw
・・・なにがって?
(物販では)はじめての、私のお店ですっ!

先日書いたViewer2.0の記事にもあるように、私2.0から導入されたTatooレイヤーに物凄く期待しているんです。
・・・が、期待とは裏腹にそんなにTatooレイヤー関係のものが発売されない・・・。
もどかしく待っているうちに、それならいっそ作ってみようかと思い立ちまして。
昔家族のソフトを借りてインストールしたはいいものの、起動→そのまま終了を繰り返していたPhotoShopをついに触り始めました。
in-worldで「立ち上げたけどこれどうやって描くの?ブラシ?それってどれ?」とかMckinに聞きまくりつつ・・・。Mckinありがとー!
けれどはじめてみたら意外と面白く、また自分の好みのままに作れる事もすっかり気に入って熱中してしまいまして。
友人たちにお裾分けしたら、他の人が自分の作ったものを身につけてくれている、という状況になんだか嬉しくなってしまい。
そのまま「お店作ってみようか!」とか妄想し始め、しかもそのまま出店してしまいました。

さて、何のお店かと申しますと。
Viewer2.0のTatooレイヤーを使用した、メイクアップのお店です。
Twitterで私のTweetをご覧くださっている方はご存知だと思うのですが私結構コスメ狂いでして。
SLのスキン選びでも「綺麗なメイクがあるかどうか」が結構大きな判断基準になっていたりします。
逆にスキン自体は今のもののほうが気に入っているのに、メイクが欲しいがために別のスキンを買う、なんて状況も多々あったりして。
このスキンのままあのメイクを載せられたらなあ、なんて悶々と思っていたんです。

商品はTatooレイヤーにアイメイク、ハイライト、リップメイクが描かれたものです。
これを既存のスキンの上に載せる事で、今の姿のまま新たなメイクを増やそうじゃないかという企みです。
メインはアイメイクで、今後バリエーションは出していきたいとは思っていますが現状は結構強めの色出しにしています。いや海外のスキンに比べたらぜんぜんですけど!
ハイライトは、まあ本来そういうものなので当たり前といえば当たり前ですが、殆どわからない程度に仕込んでいます。ただし色白のスキンはよりわかりにくく、黒いスキンの方は結構強めに感じるかもしれません。
光を顔の中心に持ってくる入れ方をしているので、どちらかというと顔を立体的に、すっきり見せる入れ方にしてあります。
リップは自分でもわからないくらいのシアーなものにしています。スキンによって唇の書き込みの範囲が結構違っていて、普通にどーんと色を乗せてしまうとはみ出したりたりなかったりしてしまうため、今のところはこうしています。アイメイクに合わせ、うすーーく色のトーンを変える程度にしてあります。ブルーベースの色ならばローズ系のニュアンス、イエローベースの色ならばオレンジ系など。
ただしスキンやシェイプとの相性は間違いなくありますので、全商品(現状は)にDEMOを用意しています。そちらをお試しになってから購入を検討していただけたらと思います。
まあその前に、Viewer2.0ユーザーが増えないことには話しにならないんですけどねw
ちなみに1.**viewerも自分や人がつけているのを見る事は出来ますが、着脱は出来ません。
今は1種類だけですが、今後はもう少し増やしていきたいと思っています。
価格は一枚80L$,9色Fatで550L$。



唐突にオープンしてしまったので何の用意もないのですが何もしないのもアレなので、丁度17日がセントパトリックデーという事もあって、17日SLTいっぱいまでEmeraldカラーのメイクのみ80L$→1L$にしています。とはいえ仕事があるので、実質日本時間19日0時までは置いておこうかなと思っています。
Viewer2ユーザーの方はぜひご利用くださいませ。



余談ですが、モールを置かせていただいているMother LakeSIMの湖が物凄く私好みで、この記事を書くのも忘れて撮影に夢中になってしまいました。
SLの水辺ってなんだか「海の生き物大集合!」みたいな良く言えばカラフル、悪くいうとちょっとごてごてっとしたものが多いなと感じているのですが、こちらは崩れた遺跡と揺らめく草、そしてはるか地上から降り注ぐ陽光・・・ととても静かで美しい湖。
MusaMakeupSalonにお越しの際は、ぜひ海も覗いていってくださいませ。

Musa Makeup Salon
コメントを投稿