2009-01-15

MedievalFantasy&Gorean Fair

そろそろ謹賀新年の写真がトップに来ているのが恥ずかしくなってきた今日この頃。
お久しぶりです、前回の更新から2週間近くたってしまいました。
いろいろと写真を撮りためて今日こそは更新するぞと思いつつ、難癖つけて明日にまわしてしまう。
まあ、ほら。書きたくなったら書くさ。それでいいのさ。
でも今回のは期間が決まってるから、ちょっと必死で更新しよう・・・w

さて、このブログを見てくださっている方って、ファンタジー系に多少なりとも興味を持ってくださっている方が多いと思います。・・・いや、むしろドレスなのかな?それともSilksとか・・・w
私がドレスを好むのは、MedievalFantasyに通ずるものがあるから。別にゴージャスを気取りたいわけでも、はたまた"お姫様"したいわけでもないんです。というかお姫様というよりむしろ女お(略
フォーマルドレスや現代的なもの、ヴィクトリアンや最近はゴス系にも手を出しますが、最も好きなのはやっぱりMediFantasy。
Silksも同じで、好んで着てはいるものの、奴隷になりたいわけでは全くありません。というか私むしろどS(略
やっぱりそこにMediFantasyの匂いを感じているから着ているんです。Faeとか踊子とか、そういった奔放でつかみどころがないようなイメージを抱いています。だからSilksを着ていても首輪を合わせることはまずありません。よく聞かれますが、私はGoreanではありません。

で、なんでこんなことを唐突に主張し始めたかというと、タイトルのとおりMedievalFantasy&GoreanFairが始まったから。
もう見つけたときは小躍りしてしまいました。もともとGoreanGridwideHuntに参加していた経緯でこちらのフェアを知ったのですが(GoreanGridWideHuntについても後で紹介します)、両者の参加している店舗を見ていると、主催者は同じなのかもしれませんね。
MedievalFantasy&Goreanと銘打ってはいますが、ほとんどのお店はGor系です。Gor系ショップを中心に若干medi-Fantasyでもいけるアイテムも加えました、的な。まあ、どう違うのかと問われると難しいところではありますが・・・w
Medi-FantasyとGorの世界観はよく似ています。だけどGorの世界にエルフやドワーフが出てくることはないし(多分)、Avilion辺りでは隷属RPを禁止事項に加えています。ちょっと話がずれますが、撮影場所を求めてSIMを回っていたときGor系SIMに迷い込んだことがありました。TP地点でRPルールが書かれたNoteがとんできたのでその場で目を通していたところ、ふとチャット欄が騒々しいことに気づき。そこのSIMの住人の一人から「出て行けこの長耳野郎!」(そのとき私はElfの格好をしていました)と罵られていました。中に踏み込んでいったならともかくTP地点でそれだったので、「GorSIMだったなら出て行くけど、せめてNote読む時間くらいくれたって良いじゃん!」としばしバトルしてしまったのですが、よくよく話を聞くと彼は彼でMediFantasy系RPSIMに奴隷連れで乗り込んで、怒られたことがあったとのこと。うーん、似ているようで実は相容れがたい世界なのかもしれませんね。
Gorについてはパールヴァティさんがかなり詳しくわかりやすく解説していらっしゃるので、そちらをご覧になるとよくわかると思います。


Fairに話を戻しましょう。1SIM使って展開されているフェアですが、無機質な店が並んでいるわけではなく、それぞれが家を象った店舗になっていて、それが集合してひとつの街のようになっています。
Fantasy&Gor系を好む方なら、その町並みだけで胸躍りそうな光景です。
扱われている商品は、衣類はもちろんですが意外と家具や雑貨関係が充実しています。
町並みの素敵さも手伝って、Fantasyな家、作っちゃおうかな・・・!とか思ってしまう充実ぶり。Gor系ショップでよく見られる拷問関係の家具はあまり見かけず、全体的に健全な空気が漂っています。一見血まみれのお店があったような気がしますが、見なかったことにしますw
GoreanGridwideHuntにも共通するのですが有名店はほとんど参加していません。逆に参加者としては知らないお店が開拓できてとても面白いです。
上で着ているFreeWomanの衣装を販売している~Bounce~も、今回はじめて知ったお店のひとつ。
本来はむしろNeko系を扱うお店のようですが、300L$という安価ながら非常に出来の良いFreewoman衣装が販売されています。正直POPでは「どうなんだろ、これ・・・」ですが、着てみて出来の良さにびっくり。

唯一どんなに短い髪でもはみ出してしまうぴっちりフードのため、髪が装着できないのが寂しいですが、ヴェール周りといい袖のつくりといい非常に綺麗です。もっとドレス作ってほしい・・・w


こちらもはじめて知った店、MOONSTRUCKのLOGISTILLA。このお店はGorではなくFantasyのようです。もうテクスチャに完敗。これでプリムワークも上達したらすごいものが出来そうですね。実際見てはいないので出来は不明ですが、POPを見た感じはよさそうなメンズのファンタジー衣装が比較的充実しています。鎧系が多いのかな、鎖帷子とか。


もう一点MOONSTRUCKから、Fae衣装のODELINA。本店に行ったら青があって悩んだのですが、一番派手なODELINAにいってしまいましたwこの色彩は着てみたくなります・・・よね?全身ぴたぴたのFae衣装ですが、上半身は結構隠れているので比較的着やすいのでは。え、だめですか?

Fairはhttp://slurl.com/secondlife/Gor-jus%20Events/175/87/29にて開催中。
期間は1/21(SLT)まで。

GoreanGridwideHuntはhttp://slurl.com/secondlife/Tramore%20South/128/128/2ここから。
期間は19日までだったかな? talenderと呼ばれる花を探します。結構小さめなので根気が要るかも。
Gridwideときくと"めちゃ参加数多いんじゃ・・・"とか構えてしまいますが、幸い(?)38店舗。
でも番号がぐちゃぐちゃで、飛ばされていたり同じ番号が複数あったりするので定かではありません。
ですが、Haebingerのハンターボウが頂けたりしますし、お店の新規開拓もできるのでLM自体も私にはギフトになったりで結構お勧めです。ただしBDSM系の店舗も参加していますのでご注意くださいね。一軒直視に耐えないような写真が飾ってあるお店もありました・・・
コメントを投稿