2013-09-11

Rest in peace,Squinternet

Squinternet Larniaさん、及びLove Donna Flora関連のお知らせはこれで最後になるかと思います。

2013年9月4日にDonna Floraのオーナー、Squinternet LarniaことGiuliaさんが逝去されたのは先述のとおりです。
Love Donna Floraイベントが始まった時、万一期間中に彼女が亡くなった場合は集められた寄付金はアメリカ癌協会(Relay For Life)に寄付するとの話でした。
実際はイベント期間終了まで存命していたし、レポートにもあるように定期的にSquinternetさんに送金していましたがSquinternetさんは寄付金を彼女の銀行に移さずイベント用アバターLoveDonnaFloraに残したままにしておいたそうです。
恐らく万一の場合、円滑にRFLに寄付できるように、でしょう。

そして彼女の遺志どおりL$1,530,106の寄付金が、RFLに寄付されました。
http://lovedonnaflora.wordpress.com/about/transparency/reports/final-event-report/
また、アメリカ癌協会のメモリアルガーデンにSquinternet Larniaさんの追悼碑がつくられました。
ここは癌で亡くなった人々を追悼する場所で、RL/SLにかからわず多くの人々の追悼碑が設置されています。
写真に触れることでその人について知ることができ、花やキャンドルを捧げることもできます。小さい子供の写真の前にはクマのぬいぐるみが供えてあったりして、故人を知らずとも散策するだけで涙が滲んできます。
SecondLifeはゲームか?と問われると、私はゲームでしょと言い切るタイプですが、こうした”人の想い”はゲームという言葉で一括りにしてはいけないな・・・としみじみ思います。
RFLメモリアルガーデンはこちらです。
http://maps.secondlife.com/secondlife/American%20Cancer%20Society/57/56/21

DonnaFloraの店舗についてですが、現時点では可能な限り維持されるそうです。
http://maps.secondlife.com/secondlife/Florencio/126/130/1001

追悼碑のメッセージによると、Giuliaさんは鎮痛剤の使用を拒み、最期まで明瞭な意識を保ちながら癌と戦ったそうです。
きっと今は苦痛から解放されたところで安らかに過ごしているのでしょう。
どうか、安らかに。
コメントを投稿